ウリ専はゲイの男性を満たすサービスで満足度が高い為リピートも高い

SITEMAP

male prostitute

アンダーグラウンドな世界のウリ専

ウリ専、それは男性客相手に体を売る仕事です。男性版風俗嬢という感覚でしょうか。私はノンケなので、そういった世界とは無縁と思っていましたが、ちょっとしたトラブルに巻き込まれて、急遽お金が必要となりウリ専として働いた時期があります。
ちょうど私が大学3年生の頃ですが、家庭の事情でお金が必要になった時にインターネットで仕事を探していた時に日給3万円という仕事を見つけました。それがウリ専でした。男と体を触れ合うなんて想像がつきませんでしたが、背に腹は代えられない状況でしたので応募したのでした。応募すると担当者から電話がかかってき、喫茶店で面談をすることになりました。簡単な仕事内容、プレイの流れの説明を受け、当日すぐさま指定されたところへ行くように指示を受けました。指定されたところに行くと、いたって普通のおじさんがいました。年齢にして40歳くらいです。スーツを着ているので仕事帰りのサラリーマンでしょうか。早速部屋に入るとシャワーを浴び、フェラを要求されました。わかってはいたものの、いざ目の前にすると抵抗があるのですがお金のためと思いながら咥えるのでした。10分も舐めていたらその男性はいつの間にかイッてしまいました。
初めて口の中に出されたのですがそのネバネバというものはなかなか落ちず、一晩中苦しむものでした。ただ、日給3万円、初めてお会いした方に関しては、たったの1時間で3万円もの大金を手にすることができ、一ヶ月だけこの世界で頑張っていこうと決心するのでした。
実際に一ヶ月働き目標の50万円を作ることができましたが、この間20人もの男性を相手し、たくさんの羞恥を晒してきました。振り返ればよい経験かもしれませんが、ノンケにはきつい仕事でした。

ゲイの男性を満たすウリ専ボーイ

日本は性に関してオープンであり、そうしたサービスを提供するお店が多いのがありがたいのですが、男性に関しては特にそうかもしれません。キャバクラはありますし、デリヘルが至る所にあるという感じで女には困らない状況にあります。
では男性がゲイである場合にはどうなのでしょうか。女にはあまり興味がないということであれば、そうしたお店を利用しようという気持ちは出てこないのです。そのような男性が満足できるようなお店があるのでしょうか。それがウリ専というお店であり、派遣型がほとんどで、デリヘルの男性版という感じです。ゲイの男性にとって、ウリ専を利用して素敵な男性を自分のところに呼ぶことができるというのが最高に満たされることであり、必要なのは女ではなく、男なのです。ウリ専ボーイはプロですので、男性が喜ぶことややって欲しいことがよくわかっており、肉棒を中心としてのプレイでのリードはとても快感となるでしょう。気持ちよくフィニッシュできて、愛されたという実感を持つことができ、そしてその男性を好きになってしまうことさえ少なくないでしょう。
やがて何度もリピートするようになっていくかもしれません。ウリ専というのはゲイの男性を満たすサービスであり、満足度は高いです。

臨時収入が入ったらウリ専へ

ウリ専は一般的な激安風俗に比べると少々お値段はお高めの傾向があります。1万円以内かそれ前後で遊ぶなら45分くらいと、ちょっと短いなと感じる人も多いでしょう。
60分くらい遊ぶなら1万円5千円はご予算として見ておいた方が無難で、さらに出張ホストや出張サービスといった形式だとよりお高い場合もあるので注意が必要です。普通ですと出張型は無店舗なので、その分リーズナブルな場合も多いのですが、ウリ専の場合は店舗と出張型を兼用している場合もあるので、全体的に相場は高くなっています。
しかし、いざ利用してみるとオプションの充実やサービスの良さに満足する方も多いのがウリ専といえます。ちょっとハードなプレイがしたい場合は事前に必ずお伝えしておくことが必要ですが、聞き入れてもらえることも多いことに驚くでしょう。
ご希望があれば3人程でプレイができたり、逆にお客さん2人に対して1人のウリ専など、女性の行うサービスではなかなか実現できないことも多数できてしまいます。もし、臨時収入があった際は是非ウリ専で豪遊してみてはいかがでしょうか。きっと想像以上の世界にすっかりハマってしまうこと間違いありません。ウリ専はなかなか見かけないという方は、大きな都市には必ずあるので、是非いってみて下さい。


ウリ専は名古屋の男子学園をおすすめします!サービス精神旺盛なゲイの男性は頼もしい方ばかりです。